ホーム 企業情報 採用情報 店舗情報 お得情報 物件情報
スペーサー
りんご通信タイトル

更年期障害

≪脂質異常症とは…≫
 

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が増えた状態です。

この状態が長く続くと血管内壁に脂質が沈着し動脈の壁が厚く硬くなっていきます。(動脈硬化)その結果、心臓では狭心症や心筋梗塞、脳では脳梗塞な命にかかわる恐ろしい合併症を招きやすくなります。


  ■脂質異常症の診断基準
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl未満
高トリグリセライド血症 トリグリセライド 150mg/dl以上
脂質異常症には3タイプあります。
牡蠣
  血液中のLDL(悪玉)コレステロールが増えると、動脈の壁にくっついて動脈が厚く硬くなります。
中性脂肪は、それ自体は動脈硬化の原因にはなりません。しかし、中性脂肪が多いとHDL(善玉)コレステロールが減り、LDLコレステロールが増えやすくなります。その為、間接的に動脈硬化の原因となります。

≪療 法≫
  体重を適正にする。 必要なエネルギー
いずれの脂質代謝異常症でも、まず、体にたまっている余分な脂肪を減らしましょう。
大人の場合、『身長(m)×身長(m)×22』を、適正な体重(kg)の目安とします。この体重に近づけるように食事からのエネルギー摂取を調整しましょう。

1日に必要なエネルギーは、『標準体重(kg)×25(kcal)〜30(kcal)』の計算式で出します。肥満気味の方は、25kcalの式で出しましょう。

(例)身長165cmの場合
60(kg)×25(kcal)〜30(kcal)=1500(kcal)〜1800(kcal)となります。

  脂肪の質と量に気をつける 脂肪の質と量
脂質からのエネルギー量は全体の20〜25%とし、動物性脂肪(バターや脂身の多いロース肉など)は控えるようにしましょう。かわりに、植物性脂肪(ナタネ油やゴマ油、オリーブ油)などを使用しましょう。また、魚(イワシ、サンマ、マグロ、ブリなど)には健康維持に必要な脂が含まれています。

  コレステロールを多く含む食品を控える。
コレステロールは、卵黄、レバー、ウナギ、イカなどに多く含まれています。
  食物繊維を十分にとる
食物繊維には、血管壁へのコレステロールの沈着を防ぐはたらきがあります。食物繊維は、野菜,きのこ,階層に多く含まれています。これらを毎食撮るように心がけましょう。

  アルコール飲料を控える
アルコールは1日25g以下が適正です。

ビール・・・・・中ビン1本(500ml)
日本酒・・・・・1合(180ml)
焼酎・・・・・・0.5合(90ml)
ウイスキー・・・ダブル1杯(60ml)
ワイン・・・・・グラス2杯(200ml)

しかし、これはあくまで目安です。
個人差がありますので注意しましょう。


  甘いもののとり過ぎには注意する。
甘いものはとり過ぎると中性脂肪(トリグリセライド)を増加させます。砂糖の多いお菓子やパン、ジュースなどは控え、料理に使う砂糖も少なめにしましょう。また、果物には食物繊維やビタミンが多く含まれていますが、糖分も含まれています。とり過ぎには注意しましょう。
とり過ぎ注意!

≪おすすめレシピ≫
 
豚肉とれんこん炒め

料理するドラモリ君
≪材料(4人分)≫

・豚もも肉薄切り 100g
・れんこん 100g
・酢 適量
・水 適量
・しょうが薄切り 1片

・小松菜 1株
・サラダ油 大さじ1
・酒 大さじ1
・しょうゆ 大さじ2

≪作り方≫
@ 豚肉は一口大に切り、れんこんは薄い半月切りにする。酢水にさらして、ざるにあげ、水気を切る。

A フライパンに油を熱し、しょうがを弱火で軽く炒める。香りがついたら豚肉を入れ、強火で炒めておく。

B 肉を炒め、れんこんを入れ、中火で透き通るまで炒める。

C 酒・醤油で味をつけ、小松菜を加えてサッと炒めて完成。


・こんな商品がオススメ
色々なビタミンを
バランスよく摂取!
ベースサプリ!
フェミールホワイト
脂肪の多い食事を
とりがちな方の
食生活改善に
エラコラビューティー
高コレステロール
血症の改善

動脈硬化の予防に!
アトメディックローション
ヘルスオイル

■過去記事INDEX■
vol.93-むくみ
vol.92-ダイエット
vol.91-冷え性
vol.90-歯周病
vol.89-目の疲れ
vol.88-スカルプケア
vol.87-夏バテ
vol.86-食中毒
vol.85-頭痛
vol.84-五月病
vol.83-物忘れ
vol.82-肌荒れ
vol.81-胃腸のトラブル
vol.80-肩こり
vol.79-インフルエンザ
vol.78-更年期障害
vol.77-ダイエット
vol.76-疲れ
vol.75-皮膚トラブル
vol.74-熱中症
vol.73-骨粗鬆症
vol.72-コレステロール
vol.71-口内炎
vol.70-貧血
vol.69-花粉症
vol.68-通風
vol.67-冷え性
vol.66-風邪の予防
vol.65-筋力アップ
vol.64-便秘
vol.63-美白
vol.62-夏バテ
vol.61-関節痛
vol.60-五月病
vol.59-子供の成長
vol.58-脂質異常症
vol.57-糖尿病の予防
vol.56-高血圧の予防
vol.55-二日酔い
vol.54-インフルエンザ
vol.53-ダイエット
vol.52-夏バテ
vol.51-日焼け
vol.50-熱中症
vol.49-食中毒
vol.48-水虫
vol.47-生活習慣病
vol.46-ニキビ
vol.45-花粉症
vol.44-冷え性
vol.43-整腸
vol.42-痛風
vol.41-心臓病
vol.40-生活習慣病
vol.39-熱中症
vol.38-妊産婦の栄養
vol.37-下痢・嘔吐
vol.36-膝の痛み
vol.35-不定愁訴とは
vol.34-感染症とは
vol.33-アレルギーについて
vol.32-肝臓の健康について
vol.31-胃潰瘍
vol.30-眼精疲労
vol.29-抜け毛
vol.28-食中毒
vol.27-骨粗鬆症
vol.26-歯の健康
vol.25-しらみ
vol.24-肌のトラブル
vol.23-糖尿病
vol.22-乾燥肌II
vol.21-乾燥肌
vol.20-脂質異常症
vol.19-更年期障害
vol.18-口内炎
vol.17-日焼け
vol.16-タバコ
vol.15-頭 痛
vol.14-ニキビ
vol.13-高血圧
vol.12-食べ過ぎ・飲み過ぎ
vol.11-花粉症
vol.10-関節痛
vol.09-冷え性
vol.08-風 邪
vol.07-疲 労
vol.06-熱中症
vol.05-ダイエット
vol.04-ストレス
vol.03-便 秘
vol.02-貧 血
vol.01-肥 満
スペーサー
スペーサー
コンテンツ
季節情報ドラモリWEB通信
コンテンツ
スペーサー


トピックス
お役立ち情報


このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C)Copyright 2010 DRUGSTORE MORI co..,Ltd