ホーム 企業情報 採用情報 店舗情報 お得情報 物件情報
スペーサー
ドラモリWEB通信
 
風邪の予防
私たちは、体力や抵抗力が十分にある時は風邪ウイルスが体に入ってきても体の免疫機構でウイルスを退治します。しかし、体温が低かったり、体が疲れていたりすると、抵抗力が落ちてしまい風邪を引いてしまいます。

風邪を引かないためには、手洗い・うがい習慣の徹底、適度な運動、休養、そしてバランスの良い食事が大切です。ここでは、風邪の予防のためにおすすめの栄養素を紹介します。
長ネギのベーコンチーズ巻き
食事のポイント 
【1:良質なたんぱく質・・・抵抗力を高める
肉類・魚介類・たまご・乳製品など
【2:ビタミンC・・・免疫力を高める】
緑黄色野菜(ほうれん草など)、果物(いちご、みかんなど)、イモ類など
【3:ビタミンA・・・のどや鼻の粘膜保護
緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃなど)・チーズなど
食事のポイント
調理法としては、温かくして食べる事をおすすめします。
温かい食事は体温を高める効果もあり、抵抗力を高めてくれます。

風邪の予防によいとされているネギやニンニクは体を温めるだけでなく、殺菌効果もあります。これらの食材を加えるとさらに予防効果が高まりますよ。また、風邪を引いてしまった時は、消化の良い食事を中心にしてください。
体を冷やさないための工夫として、ご飯を雑炊やおじやにして食べる、味噌汁にすりおろしたしょうがを少量加えるなどがあります。

レシピ

〈風邪の予防におすすめの商品〉
「スピルリナEX」
スピルリナEX10粒で1日に必要なビタミンCを補い、免疫力を高める事ができます!
さらに50種類以上の健康栄養成分がぎっしりつまっているので毎日の健康管理にぴったりです。
ビイレバーキング

■過去記事INDEX■
vol.94-アンチエイジング
vol.93-むくみ
vol.92-ダイエット
vol.91-冷え性
vol.90-歯周病
vol.89-目の疲れ
vol.88-スカルプケア
vol.87-夏バテ
vol.86-食中毒
vol.85-頭痛
vol.84-五月病
vol.83-物忘れ
vol.82-肌荒れ
vol.81-胃腸のトラブル
vol.80-肩こり
vol.79-インフルエンザ
vol.78-更年期障害
vol.77-ダイエット
vol.76-疲れ
vol.75-皮膚トラブル
vol.74-熱中症
vol.73-骨粗鬆症
vol.72-コレステロール
vol.71-口内炎
vol.70-貧血
vol.69-花粉症
vol.68-通風
vol.67-冷え性
vol.66-風邪の予防
vol.65-筋力アップ
vol.64-便秘
vol.63-美白
vol.62-夏バテ
vol.61-関節痛
vol.60-五月病
vol.59-子供の成長
vol.58-脂質異常症
vol.57-糖尿病の予防
vol.56-高血圧の予防
vol.55-二日酔い
vol.54-インフルエンザ
vol.53-ダイエット
vol.52-夏バテ
vol.51-日焼け
vol.50-熱中症
vol.49-食中毒
vol.48-水虫
vol.47-生活習慣病
vol.46-ニキビ
vol.45-花粉症
vol.44-冷え性
vol.43-整腸
vol.42-痛風
vol.41-心臓病
vol.40-生活習慣病
vol.39-熱中症
vol.38-妊産婦の栄養
vol.37-下痢・嘔吐
vol.36-膝の痛み
vol.35-不定愁訴とは
vol.34-感染症とは
vol.33-アレルギーについて
vol.32-肝臓の健康について
vol.31-胃潰瘍
vol.30-眼精疲労
vol.29-抜け毛
vol.28-食中毒
vol.27-骨粗鬆症
vol.26-歯の健康
vol.25-しらみ
vol.24-肌のトラブル
vol.23-糖尿病
vol.22-乾燥肌II
vol.21-乾燥肌
vol.20-脂質異常症
vol.19-更年期障害
vol.18-口内炎
vol.17-日焼け
vol.16-タバコ
vol.15-頭 痛
vol.14-ニキビ
vol.13-高血圧
vol.12-食べ過ぎ・飲み過ぎ
vol.11-花粉症
vol.10-関節痛
vol.09-冷え性
vol.08-風 邪
vol.07-疲 労
vol.06-熱中症
vol.05-ダイエット
vol.04-ストレス
vol.03-便 秘
vol.02-貧 血
vol.01-肥 満
スペーサー
スペーサー
コンテンツ
季節情報ドラモリWEB通信
コンテンツ
スペーサー


トピックス
お役立ち情報


このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C)Copyright 2010 DRUGSTORE MORI co..,Ltd