ホーム 企業情報 採用情報 店舗情報 お得情報 物件情報
スペーサー
ドラモリWEB通信
 
食中毒タイトル
■食中毒とは
食中毒は、原因となる細菌やウイルスなどが付着した食品を食べることによって起こります。
下痢や嘔吐、発熱などの症状が特徴です。

高温・多湿なこの時期は細菌が増えやすいので、特に注意が必要です。食中毒を防ぐ為には、細菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」ことが大切です。
納豆とキムチのチヂミ
食事のポイント
食中毒は、賞味期限を確認することや手をしっかり洗うこと、お肉には中まで火を通すことなど、ちょっとしたことで予防ができます。
また、もし食中毒になってしまった時には、冷たいもの・揚げ物・刺激が強いもの・根菜等の繊維の多いものは避けるようにしましょう。 ここでは、食中毒の予防におすすめの食品を紹介します。積極的に摂り入れましょう!
『梅 干 し』
・クエン酸やピクリン酸などの成分で殺菌効果がある疲労回復し免疫力がアップ
・食中毒になった時の応急処置として使われることもある
『し そ』
・ペリアアルデヒドという成分が強い制菌効果がある
・ 防腐作用が非常に優れている
食中毒イメージ

レシピ

〈おすすめの商品〉
「機能性乳酸菌 LB23」
なんと23種類もの乳酸菌を摂ることができます。
乳酸菌を取ることで 腸内環境が整い、免疫力も上げてくれます。お水や牛乳に混ぜて飲んでも、 そのまま食べてもおいしいですよ!ぜひお試し下さい。
ストレージ

■過去記事INDEX■
vol.93-むくみ
vol.92-ダイエット
vol.91-冷え性
vol.90-歯周病
vol.89-目の疲れ
vol.88-スカルプケア
vol.87-夏バテ
vol.86-食中毒
vol.85-頭痛
vol.84-五月病
vol.83-物忘れ
vol.82-肌荒れ
vol.81-胃腸のトラブル
vol.80-肩こり
vol.79-インフルエンザ
vol.78-更年期障害
vol.77-ダイエット
vol.76-疲れ
vol.75-皮膚トラブル
vol.74-熱中症
vol.73-骨粗鬆症
vol.72-コレステロール
vol.71-口内炎
vol.70-貧血
vol.69-花粉症
vol.68-通風
vol.67-冷え性
vol.66-風邪の予防
vol.65-筋力アップ
vol.64-便秘
vol.63-美白
vol.62-夏バテ
vol.61-関節痛
vol.60-五月病
vol.59-子供の成長
vol.58-脂質異常症
vol.57-糖尿病の予防
vol.56-高血圧の予防
vol.55-二日酔い
vol.54-インフルエンザ
vol.53-ダイエット
vol.52-夏バテ
vol.51-日焼け
vol.50-熱中症
vol.49-食中毒
vol.48-水虫
vol.47-生活習慣病
vol.46-ニキビ
vol.45-花粉症
vol.44-冷え性
vol.43-整腸
vol.42-痛風
vol.41-心臓病
vol.40-生活習慣病
vol.39-熱中症
vol.38-妊産婦の栄養
vol.37-下痢・嘔吐
vol.36-膝の痛み
vol.35-不定愁訴とは
vol.34-感染症とは
vol.33-アレルギーについて
vol.32-肝臓の健康について
vol.31-胃潰瘍
vol.30-眼精疲労
vol.29-抜け毛
vol.28-食中毒
vol.27-骨粗鬆症
vol.26-歯の健康
vol.25-しらみ
vol.24-肌のトラブル
vol.23-糖尿病
vol.22-乾燥肌II
vol.21-乾燥肌
vol.20-脂質異常症
vol.19-更年期障害
vol.18-口内炎
vol.17-日焼け
vol.16-タバコ
vol.15-頭 痛
vol.14-ニキビ
vol.13-高血圧
vol.12-食べ過ぎ・飲み過ぎ
vol.11-花粉症
vol.10-関節痛
vol.09-冷え性
vol.08-風 邪
vol.07-疲 労
vol.06-熱中症
vol.05-ダイエット
vol.04-ストレス
vol.03-便 秘
vol.02-貧 血
vol.01-肥 満
スペーサー
スペーサー
コンテンツ
季節情報ドラモリWEB通信
コンテンツ
スペーサー


トピックス
お役立ち情報


このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C)Copyright 2010 DRUGSTORE MORI co..,Ltd