ホーム 企業情報 採用情報 店舗情報 お得情報 物件情報
スペーサー
りんご通信タイトル

糖尿病

≪糖尿病とは…≫
 

血糖値が高くなる病気です!!

  ■症状
糖尿病は進行しないとほとんど症状が出ません。代表的な症状として、のどが渇く、トイレが近くなる、目がかすむなどがありますが、このような症状が出ているときには病気が進行している可能性が高いです。
  ■種類
≪1型糖尿病≫
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病や、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。
グリーンピース
  ≪2型糖尿病≫
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、糖尿病の95%以上はこのタイプです。

≪遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの≫
遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもので、薬剤が原因となる場合もあります。

≪妊娠糖尿病≫
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。

≪糖尿病を放っておくと…≫
  【3大合併症】
・糖尿病神経障害
・糖尿病網膜症
・糖尿病腎症

  【予防法】
@肥満を防ぐ
Aバランスの良い食事を心がける
B適度な運動をする

合併症予防

≪糖尿病の食事≫
  糖尿病治療の基本は食事療法です!!
特に多く食べなくてはならない栄養素などはありませんが、バランスの良い食事を規則正しく食べることが大切です。
また、食べ過ぎは膵臓に負担がかかってしまうので、摂取エネルギー量にも気をつけましょう。体重・活動量・症状などによって人それぞれ必要エネルギー量が違うので、 お医者さんの指示に従って食べる量を決めましょう。


食事のバランス
  ☆食事のポイント☆
@規則正しい食習慣を身に着けましょう!!
・固め食い/早食い/欠食などはインスリン分泌が乱れ、膵臓の負担になります。朝・昼・晩と1日3食を規則正しく摂るようにしましょう。

A 合併症に注意しましょう!!
・たんぱく質の過剰摂取は糖尿病性腎症を悪化させる可能性があります。 摂りすぎに注意しましょう。
・糖尿病では高血圧になりやすいので、食塩の摂りすぎに注意しましょう。
・ 1日6g未満を目標に!
・脂肪の摂り過ぎによる動脈硬化を防ぐ為、脂肪の多い食品、油の多い料理は控えましょう!
・嗜好品の摂り過ぎも血糖コントロールを乱す原因になるので、お菓子、ジュースやお酒は控えましょう!

B 食事に満足感を出す工夫をしましょう!!
・良く噛んでゆっくり食べましょう! お腹がいっぱいになり、食べ過ぎを防いでくれます。
・野菜をたくさん食べましょう!低カロリーで、食事の量を増やすことが出来るので、満腹感を得やすくなります。
・食物繊維を多く摂りましょう!海草やきのこ、野菜に多く含まれる食物繊維は血糖の上昇を抑え、コレステロールの排泄を助けてくれます。
・低カロリー甘味料を利用しましょう! オリゴ糖・アスパルテーム、サッカリンなどの人工甘味料は砂糖に比べカロリーが低く、代用することで摂取エネルギーを抑えることが出来ます。 ただし、使いすぎには注意しましょう!

≪おすすめレシピ≫
 
いちごのフローズンヨーグルト

料理するドラモリ君
≪材料(2人分)≫

・いちご 170g(1/2パック)
・プレーンヨーグルト 300g    
・はちみつ 小さじ2

・卵白 35g(1個分)       
・ラカント 10g
・レモン汁大さじ1

≪作り方≫
@ いちごはへたを取り、一粒を細かく切る。ボールにプレーンヨーグルトを入れ、泡立て器で混ぜ、はちみつ、レモン汁を加えてむらなく混ぜる。

A 別のボールに卵白を入れ、メレンゲを作る。泡立て器を持ち上げたときに、少し泡がついてくるようになったらラカントを数回に分けて味を見ながら加え、さらに泡立ててしっかりと泡立つまで続ける。

B ヨーグルトのボールにメレンゲを加え、泡が消えないように、やさしくゴムベラで混ぜる。いちごも加えて混ぜる。密閉容器に流し入れて、ふたをし、冷蔵庫で半日ほど凍らせて完成です。

ラカントはカロリーゼロの甘味料です。主成分がエリスリトールのため、血糖値の上昇もあまり心配ありませんが、使いすぎには注意しましょう。また、使用量は砂糖の1/3です。


・こんな商品がオススメ
砂糖と同じ甘さで
カロリーゼロの自然な甘さの甘味料です
ラカントS
ラカントS
砂糖不使用で
自然な甘さ
低カロリー
マービーキャンディ
マービーキャンディ
 

■過去記事INDEX■
vol.97-関節痛
vol.96-ニキビ
vol.95-便秘
vol.94-アンチエイジング
vol.93-むくみ
vol.92-ダイエット
vol.91-冷え性
vol.90-歯周病
vol.89-目の疲れ
vol.88-スカルプケア
vol.87-夏バテ
vol.86-食中毒
vol.85-頭痛
vol.84-五月病
vol.83-物忘れ
vol.82-肌荒れ
vol.81-胃腸のトラブル
vol.80-肩こり
vol.79-インフルエンザ
vol.78-更年期障害
vol.77-ダイエット
vol.76-疲れ
vol.75-皮膚トラブル
vol.74-熱中症
vol.73-骨粗鬆症
vol.72-コレステロール
vol.71-口内炎
vol.70-貧血
vol.69-花粉症
vol.68-通風
vol.67-冷え性
vol.66-風邪の予防
vol.65-筋力アップ
vol.64-便秘
vol.63-美白
vol.62-夏バテ
vol.61-関節痛
vol.60-五月病
vol.59-子供の成長
vol.58-脂質異常症
vol.57-糖尿病の予防
vol.56-高血圧の予防
vol.55-二日酔い
vol.54-インフルエンザ
vol.53-ダイエット
vol.52-夏バテ
vol.51-日焼け
vol.50-熱中症
vol.49-食中毒
vol.48-水虫
vol.47-生活習慣病
vol.46-ニキビ
vol.45-花粉症
vol.44-冷え性
vol.43-整腸
vol.42-痛風
vol.41-心臓病
vol.40-生活習慣病
vol.39-熱中症
vol.38-妊産婦の栄養
vol.37-下痢・嘔吐
vol.36-膝の痛み
vol.35-不定愁訴とは
vol.34-感染症とは
vol.33-アレルギーについて
vol.32-肝臓の健康について
vol.31-胃潰瘍
vol.30-眼精疲労
vol.29-抜け毛
vol.28-食中毒
vol.27-骨粗鬆症
vol.26-歯の健康
vol.25-しらみ
vol.24-肌のトラブル
vol.23-糖尿病
vol.22-乾燥肌II
vol.21-乾燥肌
vol.20-脂質異常症
vol.19-更年期障害
vol.18-口内炎
vol.17-日焼け
vol.16-タバコ
vol.15-頭 痛
vol.14-ニキビ
vol.13-高血圧
vol.12-食べ過ぎ・飲み過ぎ
vol.11-花粉症
vol.10-関節痛
vol.09-冷え性
vol.08-風 邪
vol.07-疲 労
vol.06-熱中症
vol.05-ダイエット
vol.04-ストレス
vol.03-便 秘
vol.02-貧 血
vol.01-肥 満
スペーサー
スペーサー
コンテンツ
季節情報ドラモリWEB通信
コンテンツ
スペーサー


トピックス
お役立ち情報


このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C)Copyright 2010 DRUGSTORE MORI co..,Ltd