ホーム 企業情報 採用情報 店舗情報 お得情報 物件情報
スペーサー
りんご通信タイトル

歯の健康

≪骨粗鬆症とは?≫
  骨は骨吸収と骨形成を繰り返しています。
骨芽細胞によって骨が造られることを骨形成といい、血中のカルシウムが少なくなったときなどに骨を壊してカルシウムを取り出すことを骨吸収といいます。

このバランスが崩れ、骨吸収が骨形成を上回った状態を骨粗鬆症といいます。骨粗鬆症になると、カルシウムや骨たんぱくの減少により、骨の強さを表す骨密度が低下します。そうすると、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

自分の体の重みで背骨がつぶれる圧迫骨折などが起こることもあり、高齢者では骨粗鬆症による骨折が寝たきりの原因となることも多くあります。
うめ
≪骨粗鬆症の原因は?≫
 
【女性の閉経】 骨粗鬆症は特に女性に多い病気です。閉経後に女性ホルモンのエストロゲンが減ることで、骨量が減少してしまいます。
【栄養の偏り】 カルシウム・ビタミンD・ビタミンKなどの骨の形成に関わる栄養素が足りないと、丈夫な骨が作れません。 また、カルシウムの吸収を阻害する栄養素をとり過ぎることも良くありません。
運動不足 運動による刺激で骨の強度は増します。運動をあまりしないと丈夫な骨ができません。ランニングやサッカーなど走る(骨に負荷がかる)スポーツを行うと良いです。
日光浴不足 日光に当たることで、体内では骨を造るのに必要な栄養素であるビタミンDがつくられます。
日光にあまり当たらないとビタミンDがつくられませんので、適度に日に当たるようにしましょう。
骨粗鬆症

≪骨粗鬆症の予防≫
  骨密度は20歳前後で最大量になるといわれています。それ以降は徐々に減少していきますので、骨粗鬆症にならない為には骨密度の最大量を上げることと、最大量から
の減少を少なくすることが大切です。

最大量を上げるには、幼少期からカルシウムをしっかり取り、運動を行い、適度に日光当たると良いです。中高年期では骨量を上げることはできませんが、カルシウムの摂取で骨量の減少を抑制できますので、生涯にわたってカルシウムをしっかり摂る事が大切です。

カルシウム


≪骨粗鬆症によい栄養≫
 
骨を丈夫にする栄養素
骨を弱くするもの

○カルシウム・・・骨の材料になる。
○ビタミンD・・・カルシウムの吸収を助ける。
(しいたけ、卵、バター)
○マグネシウム・・・カルシウムの働きを調整。
(そば、アーモンド、大豆、ひじき)

○リン・・・カルシウムの吸収を妨げる。
○アルコール/カフェイン/食塩/ニコチンなど
過剰摂取はカルシウムの尿中排泄を増加させる

食事のポイント

しらみイメージ

 
また、適度な運動は骨を丈夫にします。
ジョギングやウォーキングなど自分合った適度な運動を心がけましょう。

骨粗鬆症対策イメージ

≪おすすめレシピ≫
 
桜エビと野菜のナムル

料理するドラモリ君
≪材料(4人分)≫

・桜エビ(乾)・・・10g
・小松菜・・・200g
・大豆モヤシ・・・200g
・塩・・・適量
・油・・・大匙1
・水・・・大匙1


【A】
・長ネギ(みじん切り)・・・大匙3
・白ゴマ・・・小さじ2
・しょうゆ・・・小さじ1
・ごま油・・・小さじ1
・にんにく(おろし)
・とうがらし(輪切り)・・・適量


≪作り方≫
@ 桜エビはぬるま湯で戻す。小松菜は葉と茎に分けて3CMに切る

A フライパンに油を引き、小松菜の茎と水、塩を入れ、強火で炒める

B 2がしんなりしてきたら、小松菜の葉と大豆もやしを加える。大豆もやしに透明感が出てきたら火を止める

C 3の汁気を切り、桜エビとAの調味料を加えて、よく混ぜる


・こんな商品がオススメ
吸収を高める
ビタミンK、D配合
フェミールホワイト
イオン化カルシウム
アミノ酸と
ビタミンBが豊富な
栄養ドリンク!
フェミールホワイト

■過去記事INDEX■
vol.96-ニキビ
vol.95-便秘
vol.94-アンチエイジング
vol.93-むくみ
vol.92-ダイエット
vol.91-冷え性
vol.90-歯周病
vol.89-目の疲れ
vol.88-スカルプケア
vol.87-夏バテ
vol.86-食中毒
vol.85-頭痛
vol.84-五月病
vol.83-物忘れ
vol.82-肌荒れ
vol.81-胃腸のトラブル
vol.80-肩こり
vol.79-インフルエンザ
vol.78-更年期障害
vol.77-ダイエット
vol.76-疲れ
vol.75-皮膚トラブル
vol.74-熱中症
vol.73-骨粗鬆症
vol.72-コレステロール
vol.71-口内炎
vol.70-貧血
vol.69-花粉症
vol.68-通風
vol.67-冷え性
vol.66-風邪の予防
vol.65-筋力アップ
vol.64-便秘
vol.63-美白
vol.62-夏バテ
vol.61-関節痛
vol.60-五月病
vol.59-子供の成長
vol.58-脂質異常症
vol.57-糖尿病の予防
vol.56-高血圧の予防
vol.55-二日酔い
vol.54-インフルエンザ
vol.53-ダイエット
vol.52-夏バテ
vol.51-日焼け
vol.50-熱中症
vol.49-食中毒
vol.48-水虫
vol.47-生活習慣病
vol.46-ニキビ
vol.45-花粉症
vol.44-冷え性
vol.43-整腸
vol.42-痛風
vol.41-心臓病
vol.40-生活習慣病
vol.39-熱中症
vol.38-妊産婦の栄養
vol.37-下痢・嘔吐
vol.36-膝の痛み
vol.35-不定愁訴とは
vol.34-感染症とは
vol.33-アレルギーについて
vol.32-肝臓の健康について
vol.31-胃潰瘍
vol.30-眼精疲労
vol.29-抜け毛
vol.28-食中毒
vol.27-骨粗鬆症
vol.26-歯の健康
vol.25-しらみ
vol.24-肌のトラブル
vol.23-糖尿病
vol.22-乾燥肌II
vol.21-乾燥肌
vol.20-脂質異常症
vol.19-更年期障害
vol.18-口内炎
vol.17-日焼け
vol.16-タバコ
vol.15-頭 痛
vol.14-ニキビ
vol.13-高血圧
vol.12-食べ過ぎ・飲み過ぎ
vol.11-花粉症
vol.10-関節痛
vol.09-冷え性
vol.08-風 邪
vol.07-疲 労
vol.06-熱中症
vol.05-ダイエット
vol.04-ストレス
vol.03-便 秘
vol.02-貧 血
vol.01-肥 満
スペーサー
スペーサー
コンテンツ
季節情報ドラモリWEB通信
コンテンツ
スペーサー


トピックス
お役立ち情報


このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C)Copyright 2010 DRUGSTORE MORI co..,Ltd