ホーム 企業情報 採用情報 店舗情報 お得情報 物件情報
スペーサー
りんご通信タイトル

食中毒

≪食中毒とは?≫
  食中毒が多く発生する時期は6月〜8月といわれています。温度や湿度がある程度の条件に達成すると、食中毒の原因となる細菌が食べ物などに繁殖していきます。その食べ物を食べることによって、食中毒を引き起こすのです。

細菌が好む温度は、約20℃ほどで、人の体内に入り込むと、更に増殖を始めます。その増殖した細菌によって、嘔吐、下痢、腹痛といった症状が起こります。食中毒にならないためにも、次のようなことに注意しましょう。
枝豆
≪食中毒を予防しよう≫
 
@増殖しやすい食品はしっかり殺菌しましょう。
調理時は、中心温度75℃を1分間目安に加熱することで、熱に弱い細菌は殺菌されます。ただし、ノロウイルスになりやすい二枚貝等は、中心温度85℃を1分間加熱します。解凍の際は、不十分の解凍では熱が十分に通らず、細菌が完全に殺菌されません。解凍はしっかり行いましょう。
A細菌の増殖を抑えましょう。
特に暑い時期は常温で細菌の生育が活発です。調理前、調理後は常温で長時間放置しないように心がけましょう。また、 調理をはやく終わらせたり、調理後すぐに食べたりして増える時間を与えないようにし、作り置きする場合もできるだけ早く冷やして冷蔵するなどの工夫をしましょう。
B細菌を付けない工夫をしましょう。
調理する人、食べる人もしっかり手をキレイに洗いましょう。また、調理に使う器具は清潔なものを使用し、調理が終わったら、まな板や布巾などの調理器具を熱湯や漂白剤で消毒しましょう。
骨粗鬆症

≪食事のポイント≫
  食事を通して免疫力を高め、食中毒に対抗できる身体を作ることは食中毒予防に大切です!!
■ポイント1
人の免疫力を高める成分・・・緑黄色野菜に多く含まれるβカロテン
(※体内でビタミンAに変わり、粘膜を正常に保ちます。粘膜は、外の刺激から身体を守る壁の役割があるため、強く保つことが必要です。)
その他・・・柑橘類に多く含まれるペクチンオリゴ糖は腸内環境を整え、抵抗力を維持します。
■ポイント2
殺菌作用を持つ成分・・・ネギなどに含まれるアリシン
(※殺菌作用を持つ成分を摂ることで、免疫力機能の手助けをし、食中毒感染を避けます。)
その他・・・しょうがの辛味成分であるシンゲロン
■ポイント3
人の身体をつくる栄養素・・・人の身体をつくるタンパク質脂質などの基本栄養素をバランスよく摂取
(※特にビタミン・ミネラルといった、人間の体内ではつくられない栄養素をきちんと摂取することが大切です。)
 
☆醤油で食中毒予防
醤油の中では、O157などの食中毒原因菌、赤痢などの病原菌は生きていけません。塩分だけでなく、アルコール、乳酸、アミノ酸などが合体して生まれる複合効果だからです。もちろん、過信は禁物!!食中毒予防の知恵のひとつとして、醤油の殺菌効果を上手に利用しましょう!!
醤油


≪おすすめレシピ≫
 
漬け丼

料理するドラモリ君
≪材料(4人分)≫

・いか(刺身用)・・・160g
(カツオやマグロなどでもOK)
・きゅうり・・・1/2本
・わかめ(生)・・・40g
・塩・・・少々
・ご飯・・・お好みで
・生姜・・・1/2片
・刻みのり・・・適量
・白ゴマ・・・適量
・ワサビ・・・適量

【A】
・醤油・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1

【B】
・お酢・・・大さじ1
・お砂糖・・・適量


≪作り方≫
@ いかを5〜6pの細切りにして、(A)にさっと漬ける。

A きゅうりを小口切りにして、塩もみする。わかめはお好みの大きさに切り、(B)につける。

B 生姜は、千切りにする。

C どんぶりにご飯をもって、A・@のいかをのせ、Bを添える。
白ゴマをふり、わさびを添え、(A)を適量かける。


・こんな商品がオススメ
色々なビタミンを
バランスよく摂取!
ベースサプリ!
フェミールホワイト
ザスピルリナ
消化の促進・便通を整え・
腹部膨満に効く
消化整腸薬
フェミールホワイト
アミノ酸と
ビタミンBが豊富な
栄養ドリンク!
フェミールホワイト

■過去記事INDEX■
vol.100-筋力アップ
vol.99-熱中症
vol.98-高血糖
vol.97-関節痛
vol.96-ニキビ
vol.95-便秘
vol.94-アンチエイジング
vol.93-むくみ
vol.92-ダイエット
vol.91-冷え性
vol.90-歯周病
vol.89-目の疲れ
vol.88-スカルプケア
vol.87-夏バテ
vol.86-食中毒
vol.85-頭痛
vol.84-五月病
vol.83-物忘れ
vol.82-肌荒れ
vol.81-胃腸のトラブル
vol.80-肩こり
vol.79-インフルエンザ
vol.78-更年期障害
vol.77-ダイエット
vol.76-疲れ
vol.75-皮膚トラブル
vol.74-熱中症
vol.73-骨粗鬆症
vol.72-コレステロール
vol.71-口内炎
vol.70-貧血
vol.69-花粉症
vol.68-通風
vol.67-冷え性
vol.66-風邪の予防
vol.65-筋力アップ
vol.64-便秘
vol.63-美白
vol.62-夏バテ
vol.61-関節痛
vol.60-五月病
vol.59-子供の成長
vol.58-脂質異常症
vol.57-糖尿病の予防
vol.56-高血圧の予防
vol.55-二日酔い
vol.54-インフルエンザ
vol.53-ダイエット
vol.52-夏バテ
vol.51-日焼け
vol.50-熱中症
vol.49-食中毒
vol.48-水虫
vol.47-生活習慣病
vol.46-ニキビ
vol.45-花粉症
vol.44-冷え性
vol.43-整腸
vol.42-痛風
vol.41-心臓病
vol.40-生活習慣病
vol.39-熱中症
vol.38-妊産婦の栄養
vol.37-下痢・嘔吐
vol.36-膝の痛み
vol.35-不定愁訴とは
vol.34-感染症とは
vol.33-アレルギーについて
vol.32-肝臓の健康について
vol.31-胃潰瘍
vol.30-眼精疲労
vol.29-抜け毛
vol.28-食中毒
vol.27-骨粗鬆症
vol.26-歯の健康
vol.25-しらみ
vol.24-肌のトラブル
vol.23-糖尿病
vol.22-乾燥肌II
vol.21-乾燥肌
vol.20-脂質異常症
vol.19-更年期障害
vol.18-口内炎
vol.17-日焼け
vol.16-タバコ
vol.15-頭 痛
vol.14-ニキビ
vol.13-高血圧
vol.12-食べ過ぎ・飲み過ぎ
vol.11-花粉症
vol.10-関節痛
vol.09-冷え性
vol.08-風 邪
vol.07-疲 労
vol.06-熱中症
vol.05-ダイエット
vol.04-ストレス
vol.03-便 秘
vol.02-貧 血
vol.01-肥 満
スペーサー
スペーサー
コンテンツ
季節情報ドラモリWEB通信
コンテンツ
スペーサー


トピックス
お役立ち情報


このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C)Copyright 2010 DRUGSTORE MORI co..,Ltd